「油性塗料」と「水性塗料」

臭い

外壁塗装には「油性塗料」と「水性塗料」がありますが、それぞれ臭いに差があるのをご存知でしょうか?
外壁塗装を行うと、塗料から癖のある臭いが漂ってきますよね。
なかなか臭いが強いので、この臭いが好きという方もいらっしゃるかもしれませんが、大抵は不快な臭いと思う方が多いのではないでしょうか?
自分だけ我慢すれば良いのですが、周辺に住宅がある場合、そうは問屋が卸さないということになります。
何故なら、塗料の臭いが近隣の住宅の方にも漂ってしまうからです。
この臭いが原因で近隣とのトラブルが発生してしまったケースが過去にあります。
近隣トラブルはなかなか厄介なトラブルと言えるので、なるべくなら避けたいところですが、
「水性塗料」を使うことで、その臭いを抑えることが出来ます。

誤解しないように

昔と比べて現在は「水性塗料」の性能が向上したということもあるので、水性塗料で外壁塗装を行っていることが多いらしいのです。
もちろん、あくまで臭いが弱くなるということになるので、臭いは全くしないというわけではありません。
なので、この辺を誤解しないように注意しましょう。

確認

専門業者に外壁塗装を行う必要が出てきた場合、「水性塗料」を使った外壁塗装を行ってくれるのかどうか、しっかりと確認をするようにしましょう。外壁塗装を行う専門業者はたくさんいますが、全ての専門業者が「水性塗料」を使った外壁塗装に対応しているのか、直接自分から確認しなければ分からない場合もあるかと思います。インターネットでじっくり探すことも出来るので、是非確認されることをオススメいたします。