住宅寿命を伸ばすための外壁塗装

湿気と日光は大敵です
住宅に使われている建材というのは、基本的に水に濡れたままにされたり、強い日差しに晒され続けると劣化が早く進んでいきます。それは住宅躯体の寿命を縮めることにも繋がりますので、つまりはその家の寿命を縮めることになってしまいます。
これは木造住宅だけでなく、鉄筋コンクリート造の家でも、鉄骨造住宅でも変わらないことです。
湿気と日差しからどのようにして住宅躯体を守るか、そこで行われているのが、外壁塗装です。

見た目を整えるだけではありません。
住宅の外壁塗装というのはその家の美観を整えているだけではなく、住宅建材を環境の変化から守るための一種のバリアーのようなものです。
もちろん外壁の色を整えることで、よりきれいなお家に見せるというのは当然のことですが、発色だけでなく、現在の外壁塗装には様々な機能が付加されているものもあります。
紫外線に強いもの、光触媒により汚れがつきにくくなるもの、耐久性が高いもの、遮熱性の高いものなどがあります。

塗り替えは定期的に
外壁塗装というのは、通常住宅躯体に比べると寿命が短いもので、種類にもよりますが大抵は10年程度で外壁塗装の塗り直しが必要になります。
外壁を丸ごとリフォームするよりも安くですむ場合もありますから、検討しておいて損は無いでしょう。
また、従来使っていた塗料ではない種類のものにすることもご検討されてはいかがでしょうか。