塗装をすることよって様々なメリットが

耐水性
外壁の種類の中には水や湿気に弱い物もあります。それは性質上仕方がないことなのですが、外壁塗装を行えば耐水性も上がりますし湿気を外へ逃がす効果があるのです。湿気を外に逃がすことによって部屋に結露が発生するのを防ぐことも出来ますし、外壁のリフォームを行ったときに水や湿気に弱い建材を使っている場合には外壁塗装をしておいたほうがいいでしょう。

断熱と遮熱
外壁塗装を行うことで断熱と遮熱の効果を高めることも出来ます。外壁塗装を行う際、断熱と遮熱の効果を合わせることによって外側から伝わってくる熱も内側からの熱も遮ってくれる効果があるので室内の温度の変化が起こりにくくなるのです。よって、夏は涼しく冬は暖かい状態を保ってくれるので快適に過ごすことが出来るでしょう。

耐久性を高めよう
耐水性と断熱・遮熱についてご紹介をしましたが、外壁塗装によって建物の耐久性を高めることも出来るのです。外壁塗装にも様々な種類があり、種類によって耐久力が違ってくるのです。フッ素系の塗料は直射日光と雨風に強く、外壁塗装の中でも特に耐久性の高い塗料といわれています。ですので、外壁の耐久力を高めようとして外壁塗装を行いたいのであればフッ素系の塗料を使うことをおススメします。もし、費用面に余裕が無くてそれでも外壁塗装を行いたいのであればシリコン系の塗料を使うことをおススメします。耐久性と値段のバランスがちょうどよいとされているそうですよ。