外壁の歴史

外壁の変化

古来の日本では、外壁に利用されていた材料が「土」でした。土壁は通気性がよく、多くの家で用いられていたのです。昔から木造建築であった日本にはピッタリの材料で、家を建てていた先人たちの知恵が多く残っています。最近の日本では防火仕様になっている、モルタル壁が一番多く利用されています。これは火事が起きても火のうつりで広まっていかないようにする役割を持っています。この他にも、サイディングの外壁が利用されています。本来であれば、日本の風土にあった土壁の利用が家を長持ちさせるためには最適なのですが、家を建てる土地の広さ、土壁に必要な屋根の大きさの影響で、最近では土壁の家が少なくなってきたのです。

外壁リフォーム・外壁塗装をする時

外壁のリフォーム・外壁塗装を考えている方、あまり派手な色の外壁にするのは控えたほうが良いかもしれません。というのも、その家が建っている環境によって合う色というのは異なります。周りの家が一般的な外壁の色であれば、そこに対して奇抜な色を持ってきますと、街の景観を損ねてしまう可能性があるためです。外壁塗装、外壁リフォームを行なう際はそちらを充分に注意して外壁塗装、外壁リフォームを選びましょう。

外壁塗装業者により

外壁塗装の価格・費用は外壁塗装業者によって異なります。そのため外壁塗装を行なう際は、気なる外壁塗装業者にしっかりと外壁塗装価格・費用を確認しておきましょう。また、いくつかの外壁塗装業者を確認しておくと良いと思います。