外壁塗装に最適な時期とは

外壁塗装に必要な条件

外壁塗装のリフォームの時期を検討する際に考慮しなければならないのが、まず温度や湿度がどれくらいになるのかということ。一般的に温度が5℃以下、そして湿度が85%以上の場合は、外壁塗装のリフォームの施工は行わないほうが良い、とされています。このことから考えてみると、春や秋がいちばん適した季節であるように思えますね。

雨と雪にはご注意

そして次に外壁塗装のリフォームで問題になってくることといえば、雨や雪などで工期が延びてしまうこと。5~6月あたりは春雨前線や梅雨前線の停滞によって、そして秋である9月~10月あたりは本格的な台風シーズンに入ることで、降雨量が年間の中でも圧倒的に多くなってしまうので、実は外壁塗装のリフォームにはあまり適した時期であるとはいえません。また、7月~8月の夏は暑さのために窓を閉め切らなければいけないこと、1月~2月あたりの冬は気温が低くなり過ぎることを考えると、3月、4月、11月、12月あたりが外壁塗装のリフォームに最適な時期であるといえるのではないでしょうか。

時期についても業者にご相談を

以上、外壁塗装のリフォームの時期について説明しましたが、その時期は地域の気候などの条件によってやはり変わってきますので、そのあたりを熟知している地元の専門業者の方にお尋ねいただくことがいちばんです。外壁塗装のデザインや費用だけでなく、外壁塗装の最適な時期を専門業者の方にご相談のうえ、より良い外壁塗装のリフォームを実現させましょう。