外壁塗装の種類

外壁塗装のメーカーや種類

外壁の修繕や外壁のリフォームを行う場合、外壁塗装が必要になる場合があります。外壁塗装を行う場合、様々あるメーカーや塗料の種類などの中から利用目的に合ったものを選ばなくてはいけません。塗料の種類により、特徴や外壁塗装やリフォームを行った後の対応年数などが変わってきますので、よく考えて選定する必要があります。どれを選べばいいのかわからない場合、外壁塗装やリフォームを行っている業者に相談することであなたにあった塗料の種類を提案してくれるでしょう。

塗料の種類

外壁塗装を行う時に使用する塗料は大きく分けて、アクリル製・ウレタン製・シリコン製・ラジカル製・フッ素製の5種類の塗料があります。
多くの場合、耐久年数も長く価格も安定しているシリコン製の塗料が選ばれることが多いですが、最近発売されたラジカル製も注目されています。
アクリル製の塗料は耐久年数が短い分価格も安く済ませる事ができるので、状況により利用されることもあります。ウレタン製の塗料は様々な外壁の素材に使用することができるという特徴を持ちます。このように外壁塗装を行う場合は、状況により使用する塗料が変わってくるのです。

外壁塗装は専門業者へ

外壁塗装を行う場合は専門業者に依頼することをお勧めします。外壁塗装を行う時は専門的な知識や技術が必要なる場合があり、知識や経験のない素人が作業を行うとうまく行かなったり失敗したりする場合があります。最悪の場合再度外壁塗装を行わければいけません。そうなると、コストを安く済ませるために自分で行った意味がありません。外壁塗装を行う時は自分の知識や経験などを把握した上で、業者に依頼するのか、自分で行うのかを考える事が大切です。