外壁塗装の適切な時期

家の外壁は常に日を浴び風を受け、雨に濡れてまた日を浴びながら、過酷な自然環境から私たちを守り
安心して暮らせる住まいへと導いてくれます。屋根も塀も壁もすべてがそうやって私たちを保護してくれていますが、
その最先端にいるのが外壁塗装です。外壁塗装には紫外線や赤外線などありとあらゆる刺激が降り注ぐので
当然の事ながら劣化をしていきます。劣化をしていくと今度は防ぎきれなくなった外的要素が直接建物に
降りそそぐことになり、建物の劣化をまねきます。これは家自体の寿命を縮めたり、雨漏りなどを引き起こす原因ともなります。
外壁塗装のリフォームは、こういったことを防ぐために定期的に必要なものです。定期的とはいっても、スパンは素材や種類によって
異なります。たとえば吹付けの外壁であれば6-10年程度のサイクルで大丈夫ですが、鉄部になると3年おきくらいに
外壁塗装のリフォームをしたほうがよいでしょう。
外壁塗装を適切な時期にやるっもう一つの必要性としては、外壁塗装の価格、外壁塗装の費用に理由があります。
艶が落ちてくる、色の彩度が変色しているくらいの劣化ですと外壁塗装の価格、外壁塗装の費用は比較的安価ですみます。
しかしそれが外壁のひび割れや塗膜が剥がれるくらいのレベルにまで行くと、外壁塗装の費用も増してしまうからです。
外壁塗装のリフォームは、適切な時期とサイクルを守ることで、外壁塗装の費用、外壁塗装の価格を抑えることにつながっていきます。