外壁材の特徴について

◇サイディングボードについて

サイディングボードはセメントなどを幻聴としている建材で防火性能が高いので広く用いられるようになりました。色付きのサイディングボードも多数販売されており、従来は左官工事が必要だった外壁工事が、大工の手により可能となったのが、大変便利ということで広く普及しました。
万能で欠点のない外壁材料と思われたサイディングボードですが、どんなものにも欠点はあるものです。

◇伸縮が大きいサイディングボード

サイディングボードは、水を吸って膨張したり、あるいは乾燥して縮んでしまう湿乾伸縮というものが比較的大きいものが多い建材だと言われています。
伸縮が多いと何が悪いのかというと、表面の塗膜が割れてしまうという事に繋がるのです。
これを防ぐためには、塗装面を常に維持して、水分を吸収させたり放出させたりするのを押さえなければいけませんが、それも簡単なことでもありません。だから、どうしても頻繁に外壁塗装をやり直す必要が出てくるのですが、この際に使用する塗料についての選定も、慎重に行わなければ外壁塗装を何度もやり直さなければいけないということに鳴るのです。

◇アクリル系塗料が多いようです
サイディングボードの塗装については、アクリル系塗料が使われる事が多いようです。ただ、アクリル系塗料の多くは耐用年数が低いので、もし外壁塗装をやり直すのであれば、伸縮にも強いシリコン系やウレタン系の外壁塗装塗料を使用することをお勧めします。