大事な家を長持ちさせるためにも

・外壁塗装の時期
新築の頃はピカピカで新しいかった家も、10年経てば色々なところが老朽化してきます。外壁も例外ではありません。10年間毎日風雨に晒され紫外線を受け、家も少しずつダメージを受けているのです。そうやって毎日頑張っている家を、少しでも長持ちさせる意味合いでも、外壁塗装は必要になります。一般的には外壁塗装は家を立ててから10年目が時期と言われています。10年ごとを目処に外壁塗装をし、家を若返らせてあげましょう。

・見栄えを良くする
外壁塗装をすることで第一に見た目の効果があります。塗装が新しくなれば、その家に対するイメージも良いものに変わります。塗装が禿げていたりくすんだ色をしていると、見栄えが悪く家の手入れを怠っているイメージを強く感じます。家の見栄えが悪いと、住んでいる人への印象も同じように悪くなってしまいます。外壁塗装をすることでそういった悪いイメージを吹き飛ばすことができるのです。

・耐久性の維持にも
定期的に外壁塗装をすることで、壁の耐久性を維持することにもつながります。例えば、長年放置し傷ついた壁から雨漏りをしてしまうなんてこともありますが、外壁塗装を欠かさず行うことで、そういったリスクを低下させることにつながります。外壁塗装は見栄えを良くするだけではなく、弱くなった壁の補強にもつながるのです。キズやひび割れ等によって、雨漏りといった被害が広がる前に対策を取ることが家を長持ちさせることになるのです。