遮熱性塗料の導入について

見た目に差はありません

遮熱性塗料を外壁塗装に利用した場合、見た目が大きく変わってしまうのではないか?とご不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、遮熱性塗料も今では外壁塗装のリフォームにも広く用いられるようになっています。それだけ外壁塗装として遮熱性塗料が一般的になったということかもしれません。
また、遮熱性塗料を使うことで省エネ効果が期待でき、夏場の電力需要が高まるときの負担軽減にもつながります。

本当に効果があるの?

中には、遮熱性塗料を塗っただけで冷暖房効率が向上する、外からの熱の侵入や、室内からの熱の放出を防げるという事を懐疑的に思う方も居るとおもいます。外壁塗装をしたくらいで、なんでそんな事になるのか不思議な方も居るでしょう。
しかし、これは実験でもしっかり実証されている、確実にその効果が出ていることなのです。
むしろ、外壁塗装に遮熱性塗料を使うだけで、住宅の省エネ化が進められるのですから、積極的に取り入れていきたいものですね。

耐候性も高いです

遮熱性塗料のように、付加価値の付いている塗料はひょっとして外壁塗装としては耐候性が低いとかそういう心配をされる方は居るでしょうか?
もちろん、そんな心配は無用です。
通常の外壁塗装同様、遮熱性塗料も外壁塗装としては比較的耐候性が高いものですので、日々風雨に晒される外壁に使用しても全く問題はありません。
今後共、どんどん活用していくことで、電気代などを削減することが可能なのです。