遮熱性塗料の活用

新しい断熱対策

皆さんは住宅の断熱といえば何を思い浮かべますか?多くの方が壁面の中にグラスウールなどの断熱材を詰め込むのを想像すると思います。
しかし、最近はより簡単に家の断熱を行うことが可能になっています。
それが、遮熱性塗料と呼ばれる外壁塗料によるものです。

外壁塗料による熱対策

外壁塗料で断熱対策ができると聞いても、あまりピンとこない方が多いのではないでしょうか。
遮熱性塗料は、通常の塗料に比べて太陽熱を吸収せず、跳ね返す効果が高い塗料のことです。元々は外壁塗装用の塗料としてではなく、宇宙ロケットなどの断熱材として開発されたものです。宇宙ロケットでは、地上にある時に太陽熱で加熱されると、燃料タンクの中の温度が上がってしまうことが問題となっていました。そこで開発されたのが遮熱性塗料で、外部からの熱の侵入を防げるので、住宅にも応用されました。

住宅の場合も、住宅内部への熱の侵入を防ぐことができるので、特に夏場は冷房効率の大幅な向上が期待できます。

冬季の効果はないの?

遮熱性塗料は外部からの熱の侵入のみにしか効果が無いのでしょうか?
実は、冬季にもしっかりと効果を発揮するのが遮熱性塗料の利点です。
遮熱性塗料を塗ることで、室外からの熱の侵入はもちろん、室内から室外への熱の放射も抑えることができるのです。