頻繁に塗り直すのとどちらがお得か

外壁の塗装というのは、永久に塗り直しを行わなくて良い物は現在のところ発明されていません。寿命は徐々に伸びては居るのですが、使用されている原材料の関係上、どうしても劣化していきます。
ここで問題になるのが「安い塗料を頻繁に塗り直す」か「高い塗料で塗り直しを少なくするか」という相反する方法の比較です。
誰だって、少しでも良い物を少しでも安く買いたいと思うものですから、安い塗料で長く持つのが一番良いに決まっています。
しかし、現実的にはそういうわけにも行かないので、どちらかのパターンを選ぶことになります。

もちろんこれは、単に値段だけの問題ではありません。建物の見た目、立地に大きく左右されます。

まず、建物を常に綺麗に見せた方がいい場合は、塗り直しを頻繁にする必要があるでしょう。商業施設などでは、利用者に「汚い」と思われるのはイメージダウンの最たる例ですから、頻繁な塗り直しが必要です。そうなると、高い塗料を使い続けるのはコストの面で不利ですから、安い塗料を使用したほうが良いということになります。

一方、通常の塗料ではあっという間に劣化してしまうような場所、頻繁に塗り直しを行えない場所は、耐候性の高い、高コストの塗料を使う必要があります。

それぞれに良さや利用するべきところ、つまり使い所というものがあるので、そのあたりをしっかり把握した上で、長い目で見て塗り直しを検討していくことが必要になります。