2月, 2017

now browsing by month

 

外壁塗装に人気の塗料とは?

【外壁塗装で家を守る】
外壁塗装は、人間で言えば服を着るようなものかもしれません。外からの見た目を良くするだけでなく、雨風や直射日光などの刺激から家を守ってくれます。もしも外壁塗装を行っていなければ、雨漏りやヒビ割れなどが発生してしまうことでしょう。それを防ぐためにも外壁塗装は必須なのですが、外壁塗装に使用される塗料にも幾つかの種類があります。それぞれ費用も異なれば性能も異なるのですが、中でも人気だとされているのが「ウレタン塗料」と「シリコン塗料」の二種類です。ここでは、その二つの塗料について簡単にご紹介いたします。

【ウレタン塗料の特徴】
ウレタン塗料ではウレタン樹脂を用います。柔らかく密着性があり、肉持ち感があるため見た目にも高級感のある仕上がりになります。特に、細かい場所の塗装に優れているとされています。かつては最もスタンダードとされていた塗料ですが、現代は安価になったシリコン塗料などが人気を集めるようになりました。耐久年数は約10年なので、10年経ったウレタン塗料は別の種類に変える事も視野に入れると良いでしょう。

【シリコン塗料の特徴】
ウレタン塗料に代わって、現在の主流となっているのがシリコン塗料です。耐熱性や耐候性に優れており、汚れもつきにくいという長所があります。ただし密着性はウレタン塗料と比べて劣るため、施工にはより高い技術を要する事になります。ウレタン塗料よりも少し高額ではありますが、耐久年数が長いため長期的に見ればお得になる場合も多いです。
忘れては行けないのが、同じ塗料でも業者によっては品質や価格が異なったり、施工できる場所にも相性があるということです。そのため、一概に「この塗料が良い」と言い切る事はできません。外壁塗装は業者におまかせすることになると思いますので、まずは信頼できる業者をお探しください。