未分類

now browsing by category

 

外壁塗装に人気の塗料とは?

【外壁塗装で家を守る】
外壁塗装は、人間で言えば服を着るようなものかもしれません。外からの見た目を良くするだけでなく、雨風や直射日光などの刺激から家を守ってくれます。もしも外壁塗装を行っていなければ、雨漏りやヒビ割れなどが発生してしまうことでしょう。それを防ぐためにも外壁塗装は必須なのですが、外壁塗装に使用される塗料にも幾つかの種類があります。それぞれ費用も異なれば性能も異なるのですが、中でも人気だとされているのが「ウレタン塗料」と「シリコン塗料」の二種類です。ここでは、その二つの塗料について簡単にご紹介いたします。

【ウレタン塗料の特徴】
ウレタン塗料ではウレタン樹脂を用います。柔らかく密着性があり、肉持ち感があるため見た目にも高級感のある仕上がりになります。特に、細かい場所の塗装に優れているとされています。かつては最もスタンダードとされていた塗料ですが、現代は安価になったシリコン塗料などが人気を集めるようになりました。耐久年数は約10年なので、10年経ったウレタン塗料は別の種類に変える事も視野に入れると良いでしょう。

【シリコン塗料の特徴】
ウレタン塗料に代わって、現在の主流となっているのがシリコン塗料です。耐熱性や耐候性に優れており、汚れもつきにくいという長所があります。ただし密着性はウレタン塗料と比べて劣るため、施工にはより高い技術を要する事になります。ウレタン塗料よりも少し高額ではありますが、耐久年数が長いため長期的に見ればお得になる場合も多いです。
忘れては行けないのが、同じ塗料でも業者によっては品質や価格が異なったり、施工できる場所にも相性があるということです。そのため、一概に「この塗料が良い」と言い切る事はできません。外壁塗装は業者におまかせすることになると思いますので、まずは信頼できる業者をお探しください。

外壁塗装の劣化の兆候を覚えよう

初期症状

外壁塗装を行なうのは、住宅の寿命を伸ばし、雨漏りなどを防ぐのにも役立つ重要な作業ですが、1度行えば永遠に大丈夫というものでもなく、実は劣化して古びた塗膜には、外壁塗装としての機能がなくなってしまうので、定期的に塗り直しが必要です。
外壁の劣化の兆候の初期症状といえるのは、外壁の光沢の低下。
使われている塗料によりますが、基本的に塗装が終わってすぐのころなら、乾燥した塗膜も光沢がある程度あります。しかし、劣化してくると艶がなくなるのです。

中期症状

劣化の中期になると、光沢の低下に加えて外壁部分の変色、割れなどが目立ち始めます。この頃の外壁塗装は、触れるとまるでチョークの粉のように手に付着するようになっており、見たままの「チョーキング現象」という名前で呼ばれています。これは外壁塗装の塗料の中に含まれる様々な顔料が劣化して表面に浮き出ている状態で、かなり劣化が進んでいるといえます。

末期症状
チョーキング現象や変色の症状が出たあたりで、外壁塗装としてはほとんど耐用年数を終えていると言われていますが、実際にはもっと早い時期、光沢がなくなってきた頃でも早すぎるということは無いようです。
では、チョーキング現象を超えてなお放置するとどうなるのでしょうか。
外壁塗装は耐用年数以上になると、塗膜として外壁に張り付いておくことが出来ず、気温の変化により割れたり、外壁部分からパラパラと剥がれ落ちるなど、外壁塗装としての役割である建物の保護という機能は全く果たしません。
こうならないようにするためにも、できるだけ早めの外壁塗装の再施工をおすすめします。

住宅寿命を伸ばすための外壁塗装

湿気と日光は大敵です
住宅に使われている建材というのは、基本的に水に濡れたままにされたり、強い日差しに晒され続けると劣化が早く進んでいきます。それは住宅躯体の寿命を縮めることにも繋がりますので、つまりはその家の寿命を縮めることになってしまいます。
これは木造住宅だけでなく、鉄筋コンクリート造の家でも、鉄骨造住宅でも変わらないことです。
湿気と日差しからどのようにして住宅躯体を守るか、そこで行われているのが、外壁塗装です。

見た目を整えるだけではありません。
住宅の外壁塗装というのはその家の美観を整えているだけではなく、住宅建材を環境の変化から守るための一種のバリアーのようなものです。
もちろん外壁の色を整えることで、よりきれいなお家に見せるというのは当然のことですが、発色だけでなく、現在の外壁塗装には様々な機能が付加されているものもあります。
紫外線に強いもの、光触媒により汚れがつきにくくなるもの、耐久性が高いもの、遮熱性の高いものなどがあります。

塗り替えは定期的に
外壁塗装というのは、通常住宅躯体に比べると寿命が短いもので、種類にもよりますが大抵は10年程度で外壁塗装の塗り直しが必要になります。
外壁を丸ごとリフォームするよりも安くですむ場合もありますから、検討しておいて損は無いでしょう。
また、従来使っていた塗料ではない種類のものにすることもご検討されてはいかがでしょうか。

大事な家を長持ちさせるためにも

・外壁塗装の時期
新築の頃はピカピカで新しいかった家も、10年経てば色々なところが老朽化してきます。外壁も例外ではありません。10年間毎日風雨に晒され紫外線を受け、家も少しずつダメージを受けているのです。そうやって毎日頑張っている家を、少しでも長持ちさせる意味合いでも、外壁塗装は必要になります。一般的には外壁塗装は家を立ててから10年目が時期と言われています。10年ごとを目処に外壁塗装をし、家を若返らせてあげましょう。

・見栄えを良くする
外壁塗装をすることで第一に見た目の効果があります。塗装が新しくなれば、その家に対するイメージも良いものに変わります。塗装が禿げていたりくすんだ色をしていると、見栄えが悪く家の手入れを怠っているイメージを強く感じます。家の見栄えが悪いと、住んでいる人への印象も同じように悪くなってしまいます。外壁塗装をすることでそういった悪いイメージを吹き飛ばすことができるのです。

・耐久性の維持にも
定期的に外壁塗装をすることで、壁の耐久性を維持することにもつながります。例えば、長年放置し傷ついた壁から雨漏りをしてしまうなんてこともありますが、外壁塗装を欠かさず行うことで、そういったリスクを低下させることにつながります。外壁塗装は見栄えを良くするだけではなく、弱くなった壁の補強にもつながるのです。キズやひび割れ等によって、雨漏りといった被害が広がる前に対策を取ることが家を長持ちさせることになるのです。

周りの風景に合わせることも大切です

どんな色を塗っても良い訳ではありません

外壁塗装のために使われる塗料には数多くの種類があります。それこそ色とりどりの塗料があるのです。しかし、外壁塗装はどのような色を使っても良い訳ではありません。住宅地の中にピンク一色の家があったら驚くように、景観に配慮するというのは外壁塗装では意外と大切にされていることなのです。外壁のリフォームが外壁塗装ではありますが、その時にはちゃんと周りの景観についても考えて塗料を決めましょう。

色合いをしっかり提案してくれます

外壁塗装にどの色を使おうかと悩まれているのでしたら、その点についてよく外壁塗装の業者とご相談ください。どういった色が良いのかをちゃんと提案してくれるかと思います。色の関係は不思議なもので、目立たせることもできればその風景に溶け込ませることもできるのです。どういった塗料を使えばより印象的な外壁塗装にできるのか、それともより景色に溶け込んだ外壁塗装にできるのかが業者の能力によって決まります。

景観法という基準もあります

景観法や景観基準と呼ばれる、外壁塗装の基準があります。都道府県や市町村といった自治体で定められているものです。この基準によって外壁塗装の色彩基準が定められています。基本的には派手な色彩ではなく、ほどほどの色の外壁塗装をするとなっているのです。基準としては色相、明度、彩度によって区分されたもので基準が定められています。どれくらいの塗料がどれくらいの色相や明度があるのかなどは皆さまでは分からないかと思います。だからこそ業者の知識が役立つのです。

雨漏り防止にも効果的です

壁から雨漏りなんてするの?

実は、壁からの雨漏りも、屋根からの雨漏りよりも少ないとはいえ、実際に起きる恐れのあるものです。
建物の外壁塗装は、見た目の維持の他にも建材に水が染み込まないようにして、耐久性を維持するのも目的として行われているのですが外壁塗装の塗膜にヒビが入ったりすると、そこから雨水が少しずつ染みこみ、やがて室内側にまで到達してしまう場合があります。
特に最近の住宅では屋根のひさしがなく、直接雨が外壁に伝うことが多い構造なのも関係しているようです。また、台風などの強風により横殴りの雨が壁に当たり続けるのも、外壁からの雨漏りをもたらす原因になります。

塗り直しのタイミングは?

雨漏り防止にも効果的な外壁塗装ですが、定期的な塗り直しなくしてその効果は発揮できません。
塗料の種類により外壁塗装をやりなおす年数はおおまかなものは決められていますが、それはあくまでも目安であり、実際はやはり建物の状態を見て決定するのが安全です。

チェックのポイント
外壁を触ったり、見た時に、粉を吹いたようになるチョーキングという現象が起きている場合は、それが外壁塗装のやり直しのサインになります。また、見た目でも分かるひび割れ、塗膜の剥がれは見逃さないようにしたいところです。色あせてきた部分についても早目の塗替えが必要になります。
これらのポイントを見逃さないようにして、雨漏りに発展する前に外壁塗装を行なうのをお勧めいたします。

塗装をすることよって様々なメリットが

耐水性
外壁の種類の中には水や湿気に弱い物もあります。それは性質上仕方がないことなのですが、外壁塗装を行えば耐水性も上がりますし湿気を外へ逃がす効果があるのです。湿気を外に逃がすことによって部屋に結露が発生するのを防ぐことも出来ますし、外壁のリフォームを行ったときに水や湿気に弱い建材を使っている場合には外壁塗装をしておいたほうがいいでしょう。

断熱と遮熱
外壁塗装を行うことで断熱と遮熱の効果を高めることも出来ます。外壁塗装を行う際、断熱と遮熱の効果を合わせることによって外側から伝わってくる熱も内側からの熱も遮ってくれる効果があるので室内の温度の変化が起こりにくくなるのです。よって、夏は涼しく冬は暖かい状態を保ってくれるので快適に過ごすことが出来るでしょう。

耐久性を高めよう
耐水性と断熱・遮熱についてご紹介をしましたが、外壁塗装によって建物の耐久性を高めることも出来るのです。外壁塗装にも様々な種類があり、種類によって耐久力が違ってくるのです。フッ素系の塗料は直射日光と雨風に強く、外壁塗装の中でも特に耐久性の高い塗料といわれています。ですので、外壁の耐久力を高めようとして外壁塗装を行いたいのであればフッ素系の塗料を使うことをおススメします。もし、費用面に余裕が無くてそれでも外壁塗装を行いたいのであればシリコン系の塗料を使うことをおススメします。耐久性と値段のバランスがちょうどよいとされているそうですよ。

装いを新たに

2015年が残すところ3週間、皆様、大掃除の予定は立てられましたか。
「今年の汚れ、今年の内に」と言いますし、新年に持ち越さないようにしましょう。
ただ、皆さんの家庭にある今年の汚れは、本当に家の中だけでしょうか?
家の中は家族、ペットが暮らしており、生活をする上でどうしても出てしまう汚れはあります。
しかしそれは目に見える物が大半であり、掃除をすればキレイになるものばかり。
では、家の外はどうでしょう?

毎日汚れが進み、暑さ寒さを一身に受け止め続ける存在、外壁です。
暑い日差し、大雪、台風、地震。外壁は毎日ダメージを受けています。
雨風を守り続ける外壁へのダメージは溜まる一方です。
それを少しでも緩和する方法があります、外壁塗装です。

外壁塗装には様々な効果があります。
外壁塗装は耐久性、防水性、耐湿性、断熱効果、今まで受け止めていた全てをカバーすることができます。外壁塗装で外壁のひび割れなども防ぐことが可能です。
この外壁塗装を怠ることで外壁が劣化し、ひび割れ、歪み、チョーキング(白い粉が手につく)状態になることもあります。
その結果、修理をしなくてはならない状態が訪れるかもしれません。外壁塗装を怠ることで、余分な出費も増えてしまう…。
費用面についても、外壁塗装を行うことで大まかな出費を抑えることが可能です。外壁の効果を増大するためにも、外壁塗装は欠かせません。
殆どのご家庭が、家の中だけに目を向けているのではありませんか?
新しい年、2016年。外壁塗装でまるごと装いを新たにしてみてもいいのではないでしょうか。
外壁塗装で外見から美しく、1年の始まりを外壁塗装でスタートしてください。

11月頃はかなり狙い目です

11月と言うのは、外壁塗装を行なうのにかなり適しているというのはご存知でしょうか。
天候が安定して、適度に乾燥しているので塗装の乾きも早い。年末が近いのでその補修や手入れのことについてもちょうどよい時期です。古くは木六竹八塀十郎といって、木を切るなら6月、竹を切るなら8月、塀を塗るなら10月ということが言われていました。その頃の暦は旧暦のものなので、だいたいその数字より+1ヶ月といったところです。この頃の塀というのは土壁で、土に藁などを練り込んだものを壁に塗りたくっていました。乾きが早くて天候が安定しているのが、その頃から注目されていたようです。

話を外壁塗装へと移すと、その他にも様々な理由があります。まず、外壁塗装を行う場合は、どうしても養生を行なうために窓を開けられません。初夏から晩夏は窓を開けて外の空気を取り入れたいという方も多く、締め切りでは熱中症などの原因になってしまいます。冬になると、雪などの天候不順が多くなりますし、春先は夏同様に、閉めきったままではどうしても都合が悪いということで、今の時期がちょうどよいのです。

年末年始は業者も休みをとってしまいますから、今の時期が最後のチャンス。そういった理由が色々積み重なった結果として、外壁塗装がこの時期が良いということにもなったのでしょう。

古来の人は、常に自然とともに暮らしてきました。私達はどうでしょうか?少しその環境から遠ざかっていませんか?外壁塗装は、そんな私達に季節と共にあるということを思い出させてくれるものかもしれませんね。

雰囲気を一新する為に行われることも

外壁を保つだけではない

皆さんの中で、外壁塗装をされた方はいらっしゃいますか? あるいは、外壁塗装を専門業者に依頼されたことはありますか?
外壁塗装というのは、太陽の紫外線や雨風によって劣化した外壁に塗料を塗る作業のことを言います。でも、なにも外壁塗装は外壁を保つ為だけに行われるわけじゃありません。中には、雰囲気を一新する為に外壁塗装を行うというケースもあるのです。

雰囲気を一新

雰囲気を一新する為に外壁塗装が行われるのはどういうことかと言いますと、例えば、喫茶店で外壁塗装が行われる場合があります。ご存知のように、喫茶店というのはお茶や朝食などを楽しむことが出来るお店になります。よく休憩時間や暇つぶしなどで喫茶店が利用されることはありますが、例えば、喫茶店の外壁が暗い色だったら、皆さん来店してみたいと思いますか? もちろん、暗い色だからといって、来店客がいないというわけではないのですが、明るい色にすることで、もっと集客率がアップするとは思いませんか?

ご検討しているのであれば

もし、喫茶店を経営している方の中で、外壁塗装をご検討されている方がいましたら、試しに暗い色から明るい色に変えてみてもいいのではないでしょうか? 例として、黒色から黄色に変えるだけでも、お店の雰囲気はガラリと変わると思います。もちろん、自分ではなく専門業者に依頼することは出来るので、専門業者にご希望の色を依頼されることをオススメいたします。