上から塗る

外壁の種類は1つではなく、いくつかの種類が存在しています。
その種類の中でも、現代において一般的となっているのが「モルタル」「サイディング」塗り壁」「タイル」などになります。

これらの外壁は種類はそれぞれ違えども、その上から塗装が行われています。
外壁だけではやはり雨風や紫外線から十分に建物を守れず、その上から塗装でコーティングすることによりしっかりと外部からのダメージから建物を守るのです。

希望通りのカラー

外壁塗装のリフォームで使用される塗料の種類もいくつかあり、それぞれの種類によって特徴があります。
その為、外壁塗装のリフォームを行うとなれば、どの塗料を使用するか検討する必要があります。

例えば、外壁がサイディングタイプの場合なら「油性」の塗料が最適です。
油性の塗料はサイディングに最適なだけでなく、カラーがバリエーション豊かなのも特徴です。
その為、希望通りのカラーで外壁塗装のリフォームが行えます。

手作業

外壁塗装によって塗り替え方法が違ってきます。
塗り替え作業は、ほとんどの場合はローラーやハケを使用して「手作業」で行なうのが一般的です。
その為、外壁塗装のリフォームで塗料を吹き付けて塗り直すケースは少ないです。

外壁塗装のリフォームを手作業によって行なう理由は、吹付けによって塗り替えると周囲に塗料が飛び散る恐れがあるからです。
塗料が飛び散ると、本来外壁塗装を行なわなくても良い場所に塗料がついてしまいトラブルに繋がりかねません。